介護士になる為に必要なこと

国が加算を出してまで解決しようとしている介護士不足ですが、今回は貴重な成り手に向けて記事を書きたいと思います。

資格類

介護職員初任者研修、この資格は頭に介護職員と書いていますが、別に介護職員でない人も受講できます。将来のためや、身内の介護のためにという人も居ます。

介護職員初任者研修は、ホームヘルパー2級と統合された資格で、利用者の居宅を訪問しヘルパーとして役務を提供するのに必要です。無資格で行えば基準違反ですから、なろうとしているのが訪問介護事業所の介護士の場合は必須です。特養や老健といった施設サービスや、グループホームなどでは必須ではありません。しかし、介護に関する基礎的なことを130時間の研修で学びますので、知識は入るのと、資格手当が支給される事業所が多いです。因みに介護福祉士になるのに必要な実務者研修修了の為の受講時間数を初任者研修の修了で減らせます。

同行援護従業者・行動援護従業者はそれぞれ、障害福祉サービスにおける資格です。

同行援護従業者は、同行援護サービスを提供する事業所の訪問介護を行う場合に修了していなければなりません。

行動援護従業者は、行動に関連して起こる危険を回避したり、必要な援助を行うものです。

介護系の資格は介護士でも知らないようなものまであるほど溢れていますが、基本的には名称独占で、持っていなければ業として行なってはいけないもので実務経験が必要でないもの、つまりこの記事の読者層が現時点で必要又は持っていた方が望ましい資格はこれだけです。

会社によっては、修了者しか採用しないというところも見聞きしたことがあります。

介護士といっても老人介護サービスを考えているのか、障害福祉サービスを考えているのかで、少し変わってきますね。

資格さえ持っていればそれで良い、というわけではないのでというよりも、ここからの方が大事かもしれないという、介護士人生を歩む上で必要な考え方などをお知らせします。

相手を慮る能力

相手の立場になって、自分の言動が相手の害にならないようにというのは、本当に大事なことですが、私が見聞きしてきた実態は、異なる場面も多々あります。つい時間が早い方や、もうこれぐらいだったら良いかなど楽な方に流れてしまう人が多いんです。

これから、介護士になる方々には、軋轢を生んで働きにくくなってもいけないので、その事業所のやり方に合わせるというのを大前提にしつつ、この事を強く持っておいて頂きたいと思います。

介護を志そうと思った気持ちが報われるよう、私のお薦めの求人サイトを載せておきます。参考にして下さい。

私のお薦め求人サイト

スマイルサポート介護


全国エリアに対応♪求人数は70,000件以上と最大級の介護求人サイトです。
全国エリアに対応しており、高待遇で好条件の介護求人を探しているならまずはスマイルサポート介護。
転職コンサルタントの持っている情報も非常に豊富で、求人票では分からないような施設の内部情報や転職に関しての的確なアドバイスなど、非常に評判の高いことで知られています。
掲載求人数は70,000件を超えており、その中でも待遇・条件が良いとされる”非公開求人”が占める割合が7割程とかなり条件の良い求人が揃っているのが特徴で、今よりも待遇を良くしたいと考えているなら、まずはスマイルサポート介護に登録しておきましょう。
介護士として働く人の多くは転職で給料アップを望まれているかと思いますが、探し方次第ではそこまで条件の良い求人というのは見つかりません。
ですが、スマイルサポート介護なら担当者があなたの希望する条件に最適な求人の紹介から、条件面の交渉も代理でしてもらえるので、結果良い職場に就きやすいという大きなメリットがあります。
それが利用者満足度96.7%とかなり高い数字を誇る理由なのです。

スマイルサポート会員登録はこちら

会員登録して条件の良い非公開求人を紹介しても、内定をもらえなければ、全く意味はありません。
ですから、サポートというのが非常に大切になるのですが、スマイルサポートでは、履歴書などの書類審査を取りやすくするためのコツや、面接時の同行、そして自分からは絶対に聞きにくい待遇面のことも代行して聞いたり、交渉してもらえます。

介護事業に精通した圧倒的な技術や知識

スマイルサポート介護は数多くの認可保育園や老人ホームなどを運営する介護・福祉・医療を幅広く提供している企業が運営しているので、介護や保育などの専門分野においては、これまでに積み重ねてきた経験値や絶対的な転職成功のノウハウがあります。
そんな業界の内部情報に詳しい会社だからこそ分かることも多いですし、現場の実態を元にしたアドバイスがもらえるので、次は絶対に転職に失敗したくないという人は、まずはここに登録しておくべきでしょう。

スマイルサポート会員登録はこちら

担当者に聞くべき内容