介護士が他業種への転職が難しい理由

高齢化社会に伴い、介護士の需要はこれからどんどん見込まれる時代になりました。介護士の仕事は、高齢者の命を預かるとともに、生活を支える大切な仕事です。仕事に対する情熱、高齢者への優しい目線、専門的な知識、そして、気力、体力と非常に多くのものが求められます。しかし、支払われる給与は少なく、家庭を持つ男性は家庭を養う事すら十分にできないという話も聞きます。

社会に必要とされている職業であることは間違いないのですが、離職率が非常に高いのも確かです。

しかし、「介護⇨介護」「他業種介護」はありますが、「介護他業種」への転職を考える人は少ないです。

今回は、介護士が他業種への転職が難しい理由を記事にします。

介護士が辞めたい理由とは?

介護業界は当たり前というくらい、入れ替わりが激しいと聞きますが、介護士が辞めたくなる理由には以下のようなことが考えられます。

  • 給料が安すぎる
  • 人手が足りない
  • 不規則勤務、夜勤がつらい
  • 人間関係が悪い
  • 利用者からの罵声や暴力がつらい

介護士になったときは、つらい、しんどいことも多いし給料も安い、でもやりがいがある仕事だからと言われました。

でも、もちろん遣り甲斐を持って仕事をしていますが、「遣り甲斐」という言葉を使って、給料が安いことをごまかしているのかもしれない。むしろ、介護施設側が、介護士がもっと遣り甲斐を持てるように工夫すべきなんじゃないかと思います。

では、介護士が多業種への転職が難しいといわれる理由は何なのでしょうか。

介護士が多業種への転職が難しい理由とは?

介護士を辞めて他業種に転職しようと思っても、やはり他業種への転職は勇気がいります。

しかも、介護士は専門職なので、他業種への転職は難しいのではないかとついつい考えがちです。

では、本当に介護士が他業種への転職は難しいのでしょうか。

その理由は、以下の通りです。

「一般業界」と「介護・医療」での業界構造が違いすぎる

「一般業界」というのは営利を目的とし、自社で物やサービスで顧客へ販売して利益を出すことが基本です。

一方、「介護・医療」業界は、半分は国のお金を取り入れた特殊な構造をしています。

「一般業界」は、あくまでも営利目的なので、「儲けのために仕事をする」というのが前提です。

つまり、

・一般業界・・・生み出したお金を分配する

・介護業界・・・入ってきたお金の中で仕事をする

この構造を考えてみると、介護業界で働く「介護士」の給料が上がりにくいということが理解できます。しかし、介護業界でも、一般企業が老人ホームや訪問介護などを経営している施設も少なくありませんが、そんな企業でも、介護保険を一部でも適応させている場合は、介護業界での「売上」を追求するのは不可能だと考えられます。

介護士だけの経験者が、他業種の一般業界に転職が難しいのは、この違いすぎる業界の構造に原因があります。

「お金を生み出す「お金を作る」という経験がない介護士の人を、積極的に採用する一般業界の会社はやはり少ないと思います。

転職を考える介護士はどうしたらいいのか?

転職、就職は、「採用される側」「採用する側」の利害が一致して成立するものです。

どうしても、その会社に入りたいのなら、その会社が「どんな人を入れたいのか」ということを考えることが重要だと思います。

今いる施設に行き詰まりを感じたら、他の現場に転職するということもありますし、派遣で介護士として生計を立てながら、他業種の経験を得るという行動力をすれば、転職も可能になりかもしれません。

派遣であれば、働き始めた初日から、常勤(正社員)介護士よりも高収入が得られ、スケジュールの自由もききます。

派遣として、ある程度介護現場を経験した後、自分に合った環境で正社員になるのも可能なのが、介護業界のメリットです。

まとめ

ここまで、介護士の辞めたい理由、介護士が他業種への転職が難しい理由などをご紹介してきました。

介護士の経験しかないけれど、他業種に転職したいという方も少なくないと思いますが、介護士が他業種への転職はやはり難しいと思います。しかし、未経験から他業種へ転職するなら、派遣社員という方法もあります。

派遣社員だと仕事内容は、ほぼ決まっているので、特別なスキルがなくても大手企業に入社しやすいというメリットがあります。

派遣社員から契約社員や正社員など、直接雇用の企業も多いので、「未経験から始めるのには悪くないと思います。

しかし、今は、特に高齢化社会に向けて介護士の重要性は見直されてきており、介護士の労働環境を整えようという意識が社会全体で生まれつつあります。

介護士を続けていれば報われる可能性もあり得ますので、介護士の仕事を頑張ってほしいと思います。