「〜してあげる」と言わない介護士になりましょう




皆さんは、入居者様にこれだけは言わないでおこう!!と思っている事はありますか?

一般的に言われるのは、立たないで!!座ってて!!といった、「スピーチロック」でしょうか?

確かに素晴らしい事です。言葉の拘束になるので心がけた方がいいと思います。

私は日頃、スピーチロック以外で気を付けている言葉は、「〜してあげる」です。

意味はわかりますよね?「〜してあげると」という言葉は幼稚園や保育園ではいいと思います。しかし、私たちが接している相手は高齢者です。つまり人生の大先輩です。

直接、「〜してあげる」とは言わないと思いますが、他職員に、〇〇様に○○してあげてくれる?といった会話はあるのではないでしょうか?

細かいかもしれませんが、もし皆さんが働く施設で接遇を意識しているのであれば、「〜してあげる」という言葉は聞こえてこないと思います。

「〜してあげる」が当たり前に存在する施設は、職員主体の介護を行っている可能性が高いと思います。

理想でも何でもなく、入居者様が居ないと私達介護士の存在理由は無いと考えた方が良いです。

ご視聴ありがとうございます。



インスタグラム始めました♪