私が前の施設を辞めた理由 Part1




誰もが、今の施設を辞めたいと考えた事があると思います。

私も辞めたいと思うようになってから2年程考えて他の施設に転職しました。今回の転職は自分にとっては正解だったと思っています。

現在、今の施設を続けるか、転職するかを考えている方へ少しでも参考にしてほしいので、

今回は「私が前の施設を辞めようと思った理由」を記事にします。

前の職場での経験は約3年です。その3年で積もり積もった想いを1つの記事では伝えきれないので、勝手に3部作にします。最期までお付き合い下さい。  UMの黒歴史良い経験 ご覧ください。

喫煙所でのコミュニケーション

喫煙所での一コマ

一般職員Aさん
2階のDさんが、4月から他のフロアに移動になるらしいよ
一般職員Bさん
え?そうなんですか?誰から聞いたんですか?
一般職員Aさん
この前、C主任がここで話していたのを聞いたんだ。Dさん、今のフロアの利用者からクレームがあったから移動するんだって
一般職員Bさん
Dさんって挨拶も声小さいし、何か暗いですよね。私のいるフロアじゃなくて良かったです

実際は、もっとキツイ会話が喫煙所では繰り広げられています(笑)

介護施設は小さい職場ですから様々情報が行き来します。ただ、フロア移動といた人事情報が外へ漏れるのはおかしいですよね。

そして、情報を流したのが介護部門における長の介護主任という事もありえません。

これらの事から、様々な情報の流出場所が喫煙所であると御理解頂けたかと思います。

ある意味、喫煙所での情報伝達は完璧です(笑)

この喫煙所の恐怖を知ったのは入社して4ヵ月経った頃でした。

体育会系な介護主任

前の施設では、頑張っている職員が評価されていました。”良い施設じゃん”と思うかもしれませんが、頑張っていると思われる為には下記の事を行い続けなければなりません。

それは、サービス残業です。

サービス残業=施設に貢献している評価される(頑張っている)

定時で帰る=仕事をしていない評価されない(頑張ってない)

入居者様への対応が悪くても、サービス残業をしている職員はそれだけで評価されるシステムです。

私は新人だからこそ、色々な経験を積みたいと思っていたので、どんな仕事でも引き受けていました。

当然、定時に終わらないので当たり前の残業を行っていました。その為か、介護長からの評価は今思うと高かったです。しかし、経験を積むという目的が無かったら嫌になるシステムだなと思っていました。

私の上司であった、フロアリーダーAさんは、入居者様への対応はもちろん、現場職員の教育もしてくれる方でした。しかし、そのAさんは、仕事が終わる(定時)と帰る方でした。(当たり前なことですが・・・)

もちろん、仕事のやり残し等はありません。

しかし、介護主任はあいつは仕事をしないと喫煙所で言いふらしていました。他のフロアリーダーは業務が終わってから介護主任と仕事以外の話も含めてずっと一緒にいるのでなぜか評価をされていました。つまり、サービス残業も評価の対象ですが、結局介護主任と仲良くすれば良いという事です。

介護主任に気に入られている人とそうではない職員とでの差がかなりあります。

別に気に入られなくてもいいじゃない?自分がしっかりしていれば!!と考える方もいると思います。

もちろん、その考えは正しいです。しかし、私がその境地(考え)に至ったのは、介護士、社会人としてある程度の経験を積んだ後のことです。私より経験が豊富な人でも、人の反応を気にしすぎている方もいます。

私も駄目な職員になっていた

私は元々タバコを吸わないので、喫煙所グループには属しませんでしたが休憩時間や業務中に、施設への愚痴を言いまくる職員になっていました。(就職して1年が終わろうとしていた時だったと思います。)

休憩時間ならまだしも、業務中に仲の良い職員と愚痴を言い合っているのは駄目ですよね?

入居者様がいる前で施設の不満や愚痴を話していた自分を思い出すとそれだけで嫌になります。

誰に向けて謝っていいかわかりませんが、本当にすみませんでした。。

最後に

これまでの内容は就職して(社会人として)1年間の中で起きた出来事でした。

元々、介護の仕事に就くために専門学校に通ったので、すぐに会社を辞めるという選択肢は私にはありませんでした。なので、辞めて楽になるという選択肢がないからこそ辛かったです。

今回は会社として、組織としておかしいと感じた事をまとめてみました。

次回は駄目な職員になってしまった私を救ってくれた出来事を記事します。

ご視聴ありがとうございました。

良ければ、次回「私が前の施設を辞めた理由 Part2」もご視聴お願いします。